書籍・雑誌

今年も李家幽竹さんに…

Dscf2037


お世話になります。

毎年、恒例になるこの本ですが、

毎回フムフムと読んでから実際実行してるのって??

ていうくらいのものですが、

暇なときにぺラぺラめくっては、今日は花柄のハンカチがいいのね。

とか、今日はストールをまいて出かけましょうとか、

白い花を1輪でも飾りましようとか。。。

なんとなくいいことが起こるような気がして・・・・note


今年は浄化の年らしいです。

なので、年末しっかり大掃除をしてきれいな空気で新年を迎えるといいみたい。

それと、変化の年でもあって何か新しいことを始めるといいとか★


日常生活で必要なことばかりなので

忙しくってあたりまえにしなきゃいけないことを忘れちゃう私には結構必需品なのです^^;

| | コメント (0)

カフェ うらら と。

Hon78


少し前にやっとゲットした、お気に入りの本です。

最近やっとたくさんの書店で置かれるようになったこのほん。

大好きです^^

すべて作者さんの手作りというだけあって、とってもあったかいほんです^^

しかも、納品もすべて自分でやっていたというんだから驚き。

なので、最初は一部の本屋さんしか置いてなくて…(でも今じゃほとんどの本屋さんで見かける!)

cafeが大好きな名古屋初め愛知県を知り尽くしているこんどうみきさん。

そんなこんどうさんのセレクトされたcafeは女子のツボをよくわかってるかわいいがいっぱいなんですhappy01

これから少しづつでもいいから全部行きたい♪

cafe好きという自負があった私ですが実際行ったところがないところばかり^^;

唯一ひとつだけ!ありました。

ダンナッチが見つけて行ったところ。”ラ・プロヴァンス”

少し遠い場所にあるまさに森のケーキやさん。という感じのところ。

自然いっぱいに囲まれて気持ちよかったのを覚えています。

なので、他のcafeもきっとひとつひとつステキがいっぱい詰まってると信じて探索しようと思います^^

おまけの本は、少しのお花でも”あしらい”方によってすごくいい表情をしてくれることがわかる本。

フラワーベースもコップだったり、お皿だったり身近なものですごくかわいいアレンジをしてあるのが気に入って買いましたshine

実際やってみたいのもありますが、パラパラめくるだけでも幸せになれる本です!

| | コメント (0)

秋の猫

Dscn4686 あ~これも忘れつつある。。。

少し前に読み終えた本です。

江國香織さん、ばななさんに引き続き大好きな作家さんの藤堂志津子さんです。

・・・・私って女流作家好き^^;

短編集で、いろいろな境遇の猫がでてくるお話♪

でも主人公は人間(女性)になっていて、あくまで「我輩は猫」的な猫から目線はなかったです^^;;

藤堂さんは猫好き?って思うくらい猫の表現や仕草を繊細に書かれていて、飼ったことの無い私も猫のことがわかったような気持ちになるくらいでした。

しかも、犬派だった私が猫派に変わるくらい^^*

でもやっぱり女の子の繊細な心の中を表すところはこの本にも健在で、ますますファンになりやした!

| | コメント (2)

パリよ、こんにちは

Dscn4153 どうでもいい勝手な私事ですが、毎週図書館で小説を借りては読みまくっている文学少女(文学でもないし少女でもなかったΣ( ゜Д゜)ハッ!)なわたしです。。。

が、あらぬことかたまぁに、ほんと極たまに同じ本を借りて読んでいることがあるんです・・・

しかも読み始めてからだいぶ経って気がつく。(u_u。)

Dscn4158 ・・そんだけ忘れてしまっているなら何回読んでもいいのですが^^;

ということで?

わたしの中ではかなりヒットな思いつきなのですが、こうやって記事にして記録に残そうなんて思ったわけです。

そしてその記念すべき第1回がこの「パリよ、こんにちは」♪

いろんな作家さんによって書かれている本てなんか特別呼び方があるんですかね?

結構好きで(なんか得した気分だし、新たな作家さんに出会えたりして^^*)よく借りるのですがこの短編小説、よかったです。

特に、松本侑子さんの「夜ごとの美女」。

最初は、結末がどういう風になるかワクワクして読んでましたが思いもしない事実を知って、久しぶりに読みながら泣いてしまいました。

作家さんによって、パリの見方、舞台に個性があって最後はパリ行きたい!

今度はゆっくり堪能したいと思うココスケなのでありました。

気分はもうパリジェンヌboutique

・・・・アリエナイ^^;;

| | コメント (0)